【導入事例】コクヨ株式会社
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【導入事例】コクヨ株式会社

わずか1年で3事業+全社連結のグループ経営管理システムを導入

日本を代表する文具・オフィス用品・事務機器メーカー、コクヨ株式会社。「be Unique.」の企業理念のもと、豊かな創造性で使う人の「はたらく」「まなぶ」「くらす」に彩りを与える製品を次々に生み出しています。

コクヨ株式会社の事業領域は大きく3つ、オフィスをはじめとした空間を企画・構築する「空間価値ドメイン」、オフィスで使うものをトータルで届ける「ビジネスサプライドメイン」、そして私たちにもなじみ深い文房具を扱う「グローバルステーショナリードメイン」に分けられます。

コクヨ株式会社では2019年、社内に管理会計システムを導入するプロジェクトを立ち上げ、DivaSystem SMDを導入いただきました。2020年夏のローンチ以降、事業部門・コーポレート部門・経営層の垣根を超えたコミュニケーションを、システムを通じて実現し、効果的にご活用いただいています。

その導入プロジェクトを推進した経理企画室の久貴光様に、ご導入の背景や導入前の課題、導入後の効果や今後の展望についてお話をうかがいました。

インタビューはTHE CAMPUSで

画像3

インタビュー場所は、コクヨ株式会社の「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」。東京品川オフィスと東京ショールームの自社ビルをリニューアルし、今年の2月にグランドオープンしたばかりの施設です。実は、ディーバのオフィスからも目と鼻の先の場所にあります。

インタビューは、久様とディーバ導入コンサルタントの影山が、当時を振り返りながら(時にはふたりで夢を語りつつ)、対談形式で実施しました。

画像5

出発点は極めて個人的な衝動から

画像3

実は、久様には今年1月に開催したセミナーでもご登壇いただいており、現場目線からのリアルな内容が参加者の皆様から大変好評でした。
今回は、セミナーでは語り切れなかった当時の状況やプロジェクトの内容を、さらに掘り下げてインタビューしました。
とても読み応えのあるインタビューになりましたので、ぜひこちらからご覧ください!

▼事例インタビュー全文はこちらでご覧ください

導入コンサルタント:影山 正樹
大手製造業メーカーを経て2014年株式会社ディーバ入社。入社以来グループ経営管理のコンサルティングを担当。現在は管理会計関連製品のプロダクトマネージャー兼管理会計のドメインリーダーとして、企業のグループ管理会計やデータドリブン型経営管理など数々のプロジェクトで顧客の課題解決に従事。

※取材年月 2021年4月
※文中に記載されている数値など情報は、いずれも取材時点のものです。
※新型コロナウイルス感染防止対策を行ったうえでインタビューをしております。


最新セミナーやダウンロード資料は、メルマガでお知らせしています

ありがとうございます!
株式会社ディーバは導入企業1,100社以上、国内シェアNo.1の連結会計システムを提供する連結会計・経営管理・グループガバナンスのプロフェッショナルです。連結決算、グループ管理会計、事業ポートフォリオ、ROIC経営の情報や、ディーバの活動を分かりやすくお伝えします。