【導入事例】三菱倉庫株式会社
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【導入事例】三菱倉庫株式会社

株式会社ディーバ 公式note

グループ拡大に対応した業績管理の高度化&コスト削減を実現~連結会計から管理会計へDivaSystemの拡張と今後の展望~

創業は1887年と、三菱グループの中でも歴史の長い会社のひとつである三菱倉庫株式会社。日本国内はもちろん、アメリカやヨーロッパ、アジア各国に多くの関連会社を展開する、日本トップクラスの倉庫・物流サービス企業です。

三菱倉庫株式会社では、すでに10年以上前から制度連結モジュールとしてDivaSystem LCAをご活用いただいておりましたが、それに加えて2013年よりグループの業績管理基盤としてDivaSystem SMDもご導入いただき、精度の高い業績管理用の予算・実績データの作成を実現されています。

最近では、2030年に目指す姿として「MLC2030ビジョン」を定め、ESG経営やSDGs的な観点からの非財務情報の収集にも取り組まれております。そのような中、三菱倉庫株式会社では、DivaSystem SMD をどのようにご活用いただいているのか、またその成果や今後システムに求めることなどについて、三菱倉庫株式会社 企画業務部 企画チーム チームマネジャー 細井健一様、同 黄金井瑞穂様、同 川西理恵子様にうかがいました。


▼事例インタビュー全文はこちらでご覧ください

※取材年月 2021年10月
※文中に記載されている数値など情報は、いずれも取材時点のものです。
※新型コロナウイルス感染防止対策を行ったうえでインタビューをしております。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最新セミナーやダウンロード資料は、メルマガでお知らせしています

ありがとうございます!
株式会社ディーバ 公式note
株式会社ディーバは導入企業1,100社以上、国内シェアNo.1の連結会計システムを提供する連結会計・経営管理・グループガバナンスのプロフェッショナルです。連結決算、グループ管理会計、事業ポートフォリオ、ROIC経営の情報や、ディーバの活動を分かりやすくお伝えします。