株式会社ディーバ 公式note

株式会社ディーバは導入企業1,100社以上、国内シェアNo.1の連結会計システムを提供する連結会計・経営管理・グループガバナンスのプロフェッショナルです。連結決算、グループ管理会計、事業ポートフォリオ、ROIC経営の情報や、ディーバの活動を分かりやすくお伝えします。

DIVAマガジン ~導入事例~

1,100社超の導入実績から、選りすぐり事例を紹介します。

【導入事例】森六ホールディングス株式会社

次の中期経営計画に向けたKPIを、DIVA Compassで効率的に策定 森六グループは、幅広い事業領域を持つ化学品商社の森六ケミカルズ株式会社、樹脂成形部品を開発・生産する森六テクノロジー株式会社、持株会社の森六ホールディングスで構成されています。創業は1663年と、約360年に及ぶ長い歴史を誇り、2017年に東証一部に上場しました。 森六ホールディングスは上場を経て、投資家をはじめとするステークホルダーとの信頼関係をさらに深めるために、これまで以上に企業の社会的価値やE

スキ
2

【導入事例】コクヨ株式会社

わずか1年で3事業+全社連結のグループ経営管理システムを導入 日本を代表する文具・オフィス用品・事務機器メーカー、コクヨ株式会社。「be Unique.」の企業理念のもと、豊かな創造性で使う人の「はたらく」「まなぶ」「くらす」に彩りを与える製品を次々に生み出しています。 コクヨ株式会社の事業領域は大きく3つ、オフィスをはじめとした空間を企画・構築する「空間価値ドメイン」、オフィスで使うものをトータルで届ける「ビジネスサプライドメイン」、そして私たちにもなじみ深い文房具を扱う

スキ
10

【導入事例】ユニ・チャーム株式会社

販売チャネルの変化に適応したブランド別の損益管理をDivaSystem SMDで実現 2021年に設立60周年の節目を迎えたユニ・チャーム株式会社。ベビーケア関連製品やフェミニンケア関連製品、マスク製品などで高いシェアを誇っています。国内市場はもちろん、新たな販売先である越境ECや輸出先も増加しています。  販売チャネルが増加する一方、大きな課題となっていたのはブランド別損益システムの老朽化でした。そこで、DXにより国内のブランド別収益管理体制を刷新するプロジェクトを立ち上げ

スキ
2

【導入事例】KDDI株式会社

DivaSystem Dx3-Advanceにより海外子会社データの可視化を実現 KDDI株式会社は、au・UQ mobileブランドによるモバイル通信サービスはもちろん、ブロードバンドインターネットサービスやICTソリューションを国内はもとより世界に向けて提供し、世界62都市、100以上の海外拠点を展開されています。 世界各地で順調に拠点数を拡大する中、KDDI株式会社にとって長年の課題となっていたのが各子会社(特に海外子会社)に対してのガバナンス体制の強化でした。この度

スキ
4

Bar Avant

株式会社ディーバの代表取締役社長である森川徹治が、コーポレートガバナンスに関する様々な事象をわかりやすく解説します。

儲けの型は4種類だけ。『三位一体の経営』で会社を分析する方法

「パソコンばかり見ていて目がつかれたよ」 「運河の川面でも見て目を休めたらどうですか」 「柄シャツの店長のツーブロックも涼しげですしね」 品川インターシティを南に下った京浜運河を望む倉庫街にひっそりと佇むBARアバントには、毎週金曜日の夜になると常連が集まり、喧騒につつまれます。 バーテンダー:森川さん、いらっしゃい。 森川:オリンピック終わっちゃったねえ、サーフィンの五十嵐カノアくんのあのクルって回る技、すごかったよ」 バーテンダー:確かに、森川さん、山登りはす

スキ
17

スーパーCFOはいない?CFOに多くを求めすぎ問題について

「今日はずっと室内でミーティングしていて」 「じゃあ、夜景でも観ながらリラックスしたらどうですか」 「変わった柄のシャツを着た店長、少しおしゃべりですけどね」 品川インターシティを南に下った、京浜運河を望む倉庫街にひっそりと佇むBARアバントには、毎週金曜日の夜になると常連が集まり、喧騒につつまれます。 バーテンダー:森川さん、いらっしゃい。 森川:今週もいろいろあったけど、オリンピック観た? バーテンダー:観ましたよ。13歳のもみじちゃん※1すごかったですね。

スキ
25

最近よく耳にするようになってきた「会社の統合報告書」ってなに?

「このBARって食べログに載っていないんだよ」 「評価したりされたりするのに疲れた人が羽を休めにくるBARですから」 「変わった柄のシャツを着た店長の話が面白くてね」 品川インターシティを南に下った、京浜運河を望む倉庫街にひっそりと佇むBARアバントには、毎週金曜日の夜になると常連が集まり、喧騒につつまれます。 バーテンダー:森川さん、いらっしゃい。 森川:今日の湿度は70%を越えているな。ワインじゃなくてモヒートにしてくれる。フレッシュミントたっぷりで。 バーテ

スキ
14

経営者がESGを自分事にしなければ会社のパーパスとパフォーマンスは両立しない

「今日これから行くBARのことは秘密にしてくださいね」 「はい、でもなんでですか?」 「きっと行ったらわかりますよ。内緒にしておきたくなる店なんです」 品川インターシティを南に下った京浜運河を望む倉庫街にひっそりと佇むBARアバントには、毎週金曜日の夜になると常連が集まり、喧騒につつまれます。 バーテンダー:森川さん、いらっしゃい。 森川:モギー、赤ワイン、いつものシラーズがいいかな。 バーテンダー:じゃあ、赤ワインに合うように開発されたポッキー、女神のルビー、出しと

スキ
32

DIVAマガジン ~管理会計~

連結多軸収益管、連結原価、ROIC経営情報管理、グループ予算管理などの「グループ管理会計」の記事を集めました。

企業の未来に科学的な管理を ~予測・見通し管理の最前線より~

なかなかしっくりくる数字にならなくて・・ 「なかなかしっくりくる数字にならなくて・・。」 私ども経営管理・管理会計の現場ではこの言葉をよくお客様から耳にします。 未来(予算や着地見通)の業績に関しては、必ずしも十分な情報が揃っている訳ではないため、当初計画や過去実績、現場からの報告値などに様々な乗数をExcel上で掛け合わせて、見通されているお客様は非常に多く、概して皆さま「しっくりくる数字をつくる」ことに大変苦労されています。 将来の業績見通しに関して、十分な情報がない

スキ
5

DX推進の第一歩は経営ダッシュボードから

DX推進は、なにから始めるべきなのでしょうか。 課題の整理? データの洗い出し? 思い切ってシステムのリプレイス? 2020年初め頃から、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が毎日のように聞かれるようになり、新年度より、DX○○部という組織を立ち上げている企業も多々あるようです。 しかし、いったい何から取り組むべきか、「As is」「To be」の整理から入って、現状のデータのバラバラさや、各レイヤー(経営層、事業層、現場)での指標・認識が合わない、などプロ

スキ
10

海外の方に“ロイック”って言ったら、「何だそれ?」みたいな顔された

先日、弊社役員から「海外の方に“ロイック”って言ったら、何だそれ?みたいな顔された。」と聞いて、ロイックも和製英語だったのだと初めて知りました。 ご存知の通り、ROICとはReturn on Invested Capital(投下資本利益率)の略で資本収益性を評価する指標となり、経済産業省から発表されている「事業再編実務指針」においても重要性が謳われています。 ROICを評価指標として採用する最終目的は稼ぐ力ひいては企業価値を向上させる事だと思いますが、そのためにはROIC

スキ
5

令和時代の管理会計

会計ビッグバンにより「連結重視の会計」がはじまり、20年近くが経ちました。この頃から企業の会計は目まぐるしく変化してきました。 2000年代に入ってからのCFO管掌の動向を振り返りながら、管理会計がどう変化しているのか?そして、令和となった現代における管理会計とは何が必要なのかを解説していきます。 2000年~:管理会計も連結重視へ会計ビッグバン以降、減損会計、税効果会計等の法規制対応が続き、日本企業の経理・財務部門は管理会計に注力できない時代が続いていました。 その中

スキ
14