株式会社ディーバ 公式note

株式会社ディーバは導入企業1,100社以上、国内シェアNo.1の連結会計システムを提供する連結会計・経営管理・グループガバナンスのプロフェッショナルです。連結決算、グループ管理会計、事業ポートフォリオ、ROIC経営の情報や、ディーバの活動を分かりやすくお伝えします。

株式会社ディーバ 公式note

株式会社ディーバは導入企業1,100社以上、国内シェアNo.1の連結会計システムを提供する連結会計・経営管理・グループガバナンスのプロフェッショナルです。連結決算、グループ管理会計、事業ポートフォリオ、ROIC経営の情報や、ディーバの活動を分かりやすくお伝えします。

マガジン

  • DIVAマガジン ~導入事例~

    1,100社超の導入実績から、選りすぐり事例を紹介します。

  • Bar Avant

    株式会社ディーバの代表取締役社長である森川徹治が、コーポレートガバナンスに関する様々な事象をわかりやすく解説します。

  • DIVAマガジン ~管理会計~

    連結多軸収益管、連結原価、ROIC経営情報管理、グループ予算管理などの「グループ管理会計」の記事を集めました。

リンク

ウィジェット

最近の記事

【導入事例】三菱倉庫株式会社

グループ拡大に対応した業績管理の高度化&コスト削減を実現~連結会計から管理会計へDivaSystemの拡張と今後の展望~ 創業は1887年と、三菱グループの中でも歴史の長い会社のひとつである三菱倉庫株式会社。日本国内はもちろん、アメリカやヨーロッパ、アジア各国に多くの関連会社を展開する、日本トップクラスの倉庫・物流サービス企業です。 三菱倉庫株式会社では、すでに10年以上前から制度連結モジュールとしてDivaSystem LCAをご活用いただいておりましたが、それに加えて2

スキ
2
    • 【導入事例】住友商事株式会社

      DivaSystem導入により、グローバル連結業績管理データの精緻化・高度化を実現 国内22ヵ所、海外113ヵ所に事業所を展開する住友商事株式会社。世界66の国や地域に900社以上の連結対象会社を有し、連結ベースでの社員数は7万人に上るなど、日本屈指の総合商社として100年を超える長い歴史を誇っています。 住友商事株式会社では、この20年にわたり自社開発による業績管理システムを活用していましたが、社内体制の変化やグローバル化の流れを受け、2016年に全事業会社統一の新システ

      スキ
      2
      • 【導入事例】森六ホールディングス株式会社

        次の中期経営計画に向けたKPIを、DIVA Compassで効率的に策定 森六グループは、幅広い事業領域を持つ化学品商社の森六ケミカルズ株式会社、樹脂成形部品を開発・生産する森六テクノロジー株式会社、持株会社の森六ホールディングスで構成されています。創業は1663年と、約360年に及ぶ長い歴史を誇り、2017年に東証一部に上場しました。 森六ホールディングスは上場を経て、投資家をはじめとするステークホルダーとの信頼関係をさらに深めるために、これまで以上に企業の社会的価値やE

        スキ
        3
      • 儲けの型は4種類だけ。『三位一体の経営』で会社を分析する方法

        「パソコンばかり見ていて目がつかれたよ」 「運河の川面でも見て目を休めたらどうですか」 「柄シャツの店長のツーブロックも涼しげですしね」 品川インターシティを南に下った京浜運河を望む倉庫街にひっそりと佇むBARアバントには、毎週金曜日の夜になると常連が集まり、喧騒につつまれます。 バーテンダー:森川さん、いらっしゃい。 森川:オリンピック終わっちゃったねえ、サーフィンの五十嵐カノアくんのあのクルって回る技、すごかったよ」 バーテンダー:確かに、森川さん、山登りはす

        スキ
        20

      マガジン

      マガジンをすべて見る
      • DIVAマガジン ~導入事例~

        • 12本

        1,100社超の導入実績から、選りすぐり事例を紹介します。

      • Bar Avant

        • 7本

        株式会社ディーバの代表取締役社長である森川徹治が、コーポレートガバナンスに関する様々な事象をわかりやすく解説します。

      • DIVAマガジン ~管理会計~

        • 9本

        連結多軸収益管、連結原価、ROIC経営情報管理、グループ予算管理などの「グループ管理会計」の記事を集めました。

      • DIVAマガジン ~導入事例~

        • 12本

        1,100社超の導入実績から、選りすぐり事例を紹介します。

      • Bar Avant

        • 7本

        株式会社ディーバの代表取締役社長である森川徹治が、コーポレートガバナンスに関する様々な事象をわかりやすく解説します。

      • DIVAマガジン ~管理会計~

        • 9本

        連結多軸収益管、連結原価、ROIC経営情報管理、グループ予算管理などの「グループ管理会計」の記事を集めました。

      • 【グループ管理会計のディーバ】 グループ予算管理…
      • クラウド連結会計システム「DivaSystem …

      記事

      記事をすべて見る
        • セミナーレポート: ESG経営とグループ企業価値の向上

          本記事では、2021/07/13に行われた株式会社ディーバ主催「ESGに貢献する非財務情報マネジメント~企業価値向上の視点を踏まえて~」のセミナーから、「ESG経営とグループ企業価値の向上」(講演:東京都立大学 松田千恵子教授)の抜粋をお届けします。 コロナ禍でのガバナンスコロナ禍は、これまで先送りしていた問題を表面化させて加速化させました。ビジネスの変容に対応するためには、やマネジメントが強力にならなければならない。従ってガバナンスも強力にならなければならなくなりました。

          スキ
          5
        • スーパーCFOはいない?CFOに多くを求めすぎ問題について

          「今日はずっと室内でミーティングしていて」 「じゃあ、夜景でも観ながらリラックスしたらどうですか」 「変わった柄のシャツを着た店長、少しおしゃべりですけどね」 品川インターシティを南に下った、京浜運河を望む倉庫街にひっそりと佇むBARアバントには、毎週金曜日の夜になると常連が集まり、喧騒につつまれます。 バーテンダー:森川さん、いらっしゃい。 森川:今週もいろいろあったけど、オリンピック観た? バーテンダー:観ましたよ。13歳のもみじちゃん※1すごかったですね。

          スキ
          26
        • 最近よく耳にするようになってきた「会社の統合報告書」ってなに?

          「このBARって食べログに載っていないんだよ」 「評価したりされたりするのに疲れた人が羽を休めにくるBARですから」 「変わった柄のシャツを着た店長の話が面白くてね」 品川インターシティを南に下った、京浜運河を望む倉庫街にひっそりと佇むBARアバントには、毎週金曜日の夜になると常連が集まり、喧騒につつまれます。 バーテンダー:森川さん、いらっしゃい。 森川:今日の湿度は70%を越えているな。ワインじゃなくてモヒートにしてくれる。フレッシュミントたっぷりで。 バーテ

          スキ
          15
          • 【導入事例】コクヨ株式会社

            わずか1年で3事業+全社連結のグループ経営管理システムを導入 日本を代表する文具・オフィス用品・事務機器メーカー、コクヨ株式会社。「be Unique.」の企業理念のもと、豊かな創造性で使う人の「はたらく」「まなぶ」「くらす」に彩りを与える製品を次々に生み出しています。 コクヨ株式会社の事業領域は大きく3つ、オフィスをはじめとした空間を企画・構築する「空間価値ドメイン」、オフィスで使うものをトータルで届ける「ビジネスサプライドメイン」、そして私たちにもなじみ深い文房具を扱う

            スキ
            10
            • 企業の未来に科学的な管理を ~予測・見通し管理の最前線より~

              なかなかしっくりくる数字にならなくて・・ 「なかなかしっくりくる数字にならなくて・・。」 私ども経営管理・管理会計の現場ではこの言葉をよくお客様から耳にします。 未来(予算や着地見通)の業績に関しては、必ずしも十分な情報が揃っている訳ではないため、当初計画や過去実績、現場からの報告値などに様々な乗数をExcel上で掛け合わせて、見通されているお客様は非常に多く、概して皆さま「しっくりくる数字をつくる」ことに大変苦労されています。 将来の業績見通しに関して、十分な情報がない

              スキ
              5
            • 経営者がESGを自分事にしなければ会社のパーパスとパフォーマンスは両立しない

              「今日これから行くBARのことは秘密にしてくださいね」 「はい、でもなんでですか?」 「きっと行ったらわかりますよ。内緒にしておきたくなる店なんです」 品川インターシティを南に下った京浜運河を望む倉庫街にひっそりと佇むBARアバントには、毎週金曜日の夜になると常連が集まり、喧騒につつまれます。 バーテンダー:森川さん、いらっしゃい。 森川:モギー、赤ワイン、いつものシラーズがいいかな。 バーテンダー:じゃあ、赤ワインに合うように開発されたポッキー、女神のルビー、出しと

              スキ
              32
              • 【導入事例】ユニ・チャーム株式会社

                販売チャネルの変化に適応したブランド別の損益管理をDivaSystem SMDで実現 2021年に設立60周年の節目を迎えたユニ・チャーム株式会社。ベビーケア関連製品やフェミニンケア関連製品、マスク製品などで高いシェアを誇っています。国内市場はもちろん、新たな販売先である越境ECや輸出先も増加しています。  販売チャネルが増加する一方、大きな課題となっていたのはブランド別損益システムの老朽化でした。そこで、DXにより国内のブランド別収益管理体制を刷新するプロジェクトを立ち上げ

                スキ
                3
                • DX推進の第一歩は経営ダッシュボードから

                  DX推進は、なにから始めるべきなのでしょうか。 課題の整理? データの洗い出し? 思い切ってシステムのリプレイス? 2020年初め頃から、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が毎日のように聞かれるようになり、新年度より、DX○○部という組織を立ち上げている企業も多々あるようです。 しかし、いったい何から取り組むべきか、「As is」「To be」の整理から入って、現状のデータのバラバラさや、各レイヤー(経営層、事業層、現場)での指標・認識が合わない、などプロ

                  スキ
                  10
                  • ディーバは24周年を迎えました!

                    こんにちは。株式会社ディーバ note編集部です。 今日はディーバの創立記念日。今から24年前の1997年5月26日、ディーバはスタートしました。 せっかくの機会なので、ディーバの沿革のご紹介や社名の由来、ロゴの歴史などをご紹介していこうと思います。 ディーバのあゆみまずは沿革から。 1997年5月  株式会社ディーバ 設立(東京都大田区大森) 1997年10月 連結会計パッケージ「DivaSystem」の販売を開始 1999年8月   大阪支社開設(大阪市北区西天満)

                    スキ
                    1
                  • ESGやSDGsは経営者の成績不振の隠れ蓑にはならない

                    「森川さんですよね?」 「ええ、どこかでお会いしましたっけ?」 「運河の見えるBARでバーテンダーのモギーさんと話しているのを。素敵なBARですよね」 品川インターシティを南に下った京浜運河を望む倉庫街にひっそりと佇むBARアバントには、毎週金曜日の夜になると常連が集まり、喧騒につつまれます。 バーテンダー:森川さん、いらっしゃい。 森川:モギー、いつものワインで。 バーテンダー:山形の限定品、ジャイアントポッキー佐藤錦、出しときますね。 森川さんは「経営情報

                    スキ
                    53
                  • 社外取締役はなぜ「企業価値向上」につながるの?

                    品川インターシティを南に下った、京浜運河を望む倉庫街にひっそりと佇むBARアバントには、毎週金曜日の夜になると常連が集まり、喧騒につつまれます。 バーテンダー:森川さん、いらっしゃい。 森川:モギー、いつものワインで。 バーテンダー:春の限定品のポッキー出しておきますね。 森川さんは「経営情報の大衆化」をミッションにしているアバントという企業グループの社長さん。 バーテンダーのモギーが今日も限定ポッキーを用意していたので、いきなり盛り上がっているようです。 ーー

                    スキ
                    27
                    • 海外の方に“ロイック”って言ったら、「何だそれ?」みたいな顔された

                      先日、弊社役員から「海外の方に“ロイック”って言ったら、何だそれ?みたいな顔された。」と聞いて、ロイックも和製英語だったのだと初めて知りました。 ご存知の通り、ROICとはReturn on Invested Capital(投下資本利益率)の略で資本収益性を評価する指標となり、経済産業省から発表されている「事業再編実務指針」においても重要性が謳われています。 ROICを評価指標として採用する最終目的は稼ぐ力ひいては企業価値を向上させる事だと思いますが、そのためにはROIC

                      スキ
                      5